ワインのお酒の詳細
ノンアルコール

ワインのお酒の詳細

ワインは味わい深く、種類や銘柄に幅があり様々な味わい方が出来るのが特徴です。
ワインを語る上で欠かせないのはその造り方にあります。
まず、お酒の製造法は大きく分けて3つの製法に分けられます。

ます、蒸留酒ですがこれは出来た醸造酒を蒸留することによりアルコールの度数を高めたお酒のことになります。
代表的なお酒にジン、ウオッカ、ウィスキー、ブランデーと言った名前を聞くだけでアルコールの高いお酒がラインナップされていますね。
焼酎もこの蒸留酒に区分けされ、そのアルコール度数からも判断することが出来ます。

そして、アルコール度数20以下の原料を発酵させて作ったお酒が醸造酒と言われています。
醸造酒の原料になっているのは果物や穀物でビールやワイン、日本酒などが代表的でしょうか。
混成酒はその名の通り、この2種類のお酒に香料、生薬、色素を加え混ぜたものが混成酒と言われています。
代表的なものはリキュールでカクテルなどに良く用いられていますね。

ワインがどんなお酒であるかを知ることで、これからのワインの楽しみ方に幅が出たのではないでしょうか。
アルコール度数が20度以下と言っても過度の飲酒は控え、ワインの魅力を最大限に楽しみましょう。