ワインの値段について
ノンアルコール

ワインの値段について

ワインの値段はピンキリで今ではコンビニなんかでも1000円前後で簡単に買えます
ですが、味はお店で飲むようなワインと比べ格段に落ちるのは仕方ありません。
ではワインの値段は一体何によって決まるのでしょうか?

ワインの値段はその原産地と土地によって決められると言っても過言ではありません。
それはワイナリーの今までの評価や評価の高いぶどうが原産となると付加価値と味の安定さから値段も変わってくるのです。

そしてぶどうを栽培するコスト、ぶどうを購入するコストが掛かってくるため時期や相場によっても値段は変わってきます。
それは製造する際のコストも関わってくるため値段が一定であるということはないんですね。

その他、需要が高いほど市場に出回っている品が少ないので値段も高くなり、供給過多になるほど値段も落ちてくるんですね。
これらの要素でワインの値段は決められています。
もちろんレストランなんかで出されるワインにはそこにサービス料や席代が乗っているので普通に購入するより割高にはなりますがそれでもレストランでしか飲むことが出来ないヴィンテージものもありますし、年代によって味もかわりますので値段は気になるところですが、ワインは飲めるその機会を逃さないようにしたいですね。